フォトアルバム

カテゴリ

最近のトラックバック

お気に入りリンク

カテゴリ「ワイン その他地方」の11件の記事 Feed

2014年9月28日 (日)

ズラブ・トプリゼ チュハヴェリ・ロゼ2012 グルジア

140928chkaveri2012ワインにおける最近の注目地域といえば、グルジアだろうか。遺跡でさかのぼることができる世界最古のワイン生産地とされているが、その時代から変わらない製法、地中に埋めた甕、クヴェヴリで造られたワインが今脚光を浴びている。

クヴェヴリによるワイン造りは、粘土で作った大型の甕を地中に埋めて、そこにブドウ果汁を入れ、其の後に果皮と種を一緒に漬け込むところにある。白ワインでもこの醸しによって琥珀色のややうす濁りの色調を帯びる。

この独特のワインを支えるのは、その土地に育まれた地ブドウであり、このズラブ・トプリゼのロゼもグルジア独自のブドウ、チュハヴェリによるもの。チュハヴェリは果皮がややピンクを帯びており、短い果皮接触を経ることでロゼになる。

色は全体にグレーのトーンを帯びた、しっかりした赤みのあるロゼ。粘性は中程度で、ディスクは薄め。香りは果実味よりも土っぽさを感じさせ、牛蒡、麦わら、胡椒。

口に含むと柔らかだがじわじわと染み出てくるような酸味と、やや細めの熟す手前のチェリーの味わいを感じる。全体に土の印象を感じさせる素朴な印象で、ワインとしての未成熟さは否めない。中盤からは繊細な酸味を芯として、しっかりしたタンニンの渋みがベースとなり骨格を形成するが、その中間を埋める果実味のボディが弱いので、さらりと流されてしまうような印象を受ける。

余韻はチェリーの酸味が細く伸びつつ、チャーミングで素朴な味わいを最後まで残しながら引いていく。

話題のグルジアワインで面白い個性的な味わいではあるものの、このワインに関してはやや未完成の印象は否めない。しかし、全体に流れる自然に体に浸透するような味わいの基調は保たれている。まだまだ数をこなさないと真価は測りかねる、といったところかな?

【Wineshop FUJIMARU(ラシーヌ) 4,000円?】

2010年6月14日 (月)

中央葡萄酒 グレイス・ケルナー2006 余市(北海道)

100613 このブログのカテゴリーに「ワイン 日本」という項目を設けないといけないな、と思う事が多くなってきた。最近の日本のワイン、本当に質が上がったし、いろいろな種類も出てきて、ヴァラエティも多くなってきている。

その反面、ワイン用のブドウを生産する農家は減り続けているそうだ。元々栽培も難しく手間もかかり、それでいて収穫量も抑えなければ質の高いブドウは作れず、さりとて価格には反映しにくい。農家としては食用のブドウを作った方が金になるとなれば、日本のワイン生産者の苦労も並大抵ではないだろう。

このワインは甲州勝沼を本拠とする中央葡萄酒が、北海道余市に開いたワイナリーでドイツ品種を用いて作った白ワイン。ケルナーはリースリングとトロリンガーを交配して作られたハイブリッド種。最近北海道ではよく見かける品種になってきた。

色は薄めのレモネードのようで、金属的な色合い。香りはライム、白菜、若草、ミントといった涼しげな香りが立ち上ってくるが、バックにはキャラメルのようなミルキーな香りも。

口に含むとまずしっかりした甘みとほろ苦さを感じ、一息おいて鮮烈な少し刺激のある若々しい酸が急速に伸びてくる。ミネラル分も豊かで、じわっと舌の表面を染みてくる浸透感も充実している。少しぺったりした後味が残るものの、総じて豊かな酸味に負けない厚みのある旨みが感じられる。

余韻はほのかな苦みと、戻ってくるライムの酸、旨みが重なり合って、涼しさを演出しつつ引いていく。

北海道の気候を思わせる涼しげな酸が印象的なワインだったが、旨みもしっかり感じられるところがいい。一昔前は酸ばかりが立っていた印象があった日本のワインだったけど、確かに最近の白ワインの質の向上は素晴らしいな、と思わずにはいられなかった。

【Cave d'Orange 2,500円?】

2010年4月13日 (火)

ブーケン ハーツクルーフ ポークパインリッジ・シラー2008(南アフリカ)

100411porcupineridge ワールドカップが近いせいもあるんだろうけど、巷では南アフリカのワインを目にする機会が増えているような気がする。

元々ポテンシャルはある地域だと思っていた。アフリカとはいえ南端で海沿いのブドウ産地では吹き上げる涼しい海風の影響を受けて、ブドウの生育には適していることは想像できる。

そんな南アフリカのワインだが、一時は白はシュナン・ブランの甘め、赤は中庸なピノ・タージュくらいであまり品揃えが良いとは言えなかった。しかし最近はヨーロッパ系の品種が全て揃って楽しめるようになってきたようだ。

ブーケンハッツクルーフ社は南アフリカでは古い伝統を誇る会社。このシラーはあえて「シラーズ」とせずに「シラー」表記なことからかなりフランスを意識しているようだが、さて?

色は黒味がかった、ぬめりを感じさせるほどの質感のある濃いルビー色。香りは干しプラム、カシスリキュール、コショウ、焼けた芋の皮。

口にするとスパイシーな味わいを感じ、伸びのある酸が口の表面を覆うように広がる。甘みは程よく、タンニンも細か。スィート・ポテトを食べた時のような上品な甘みが心地よい。全体に帯びている焦げた香りのニュアンスも特徴的。

余韻は充実した果実の甘みが備わり、それが落ち着くと再び活きのいい酸が戻ってきて、残った甘さを流しつつゆっくりと引いていく。

確かにこのワインはオーストラリアなどのシラーズよりも、フランスのシラーに近い個性を持っている。スパイシーさ、焦がした香り、味わいのニュアンスはローヌ、コート・ロティに近いものがある。この価格帯でこれだけの表現力を持つ事に驚かされた。これは久々のGreat JOB!

【ワインショップ リヴ・ゴーシュ 2,500円?】

2008年9月23日 (火)

シャトー・ケフラヤ2002 (レバノン)

080923_2 ワインが好きな人であれば、誰にでも思い入れのある産地って あると思う。自分にとってはまずローヌ、その次シチリア、そしてその後に来るのはレバノンかもしれない。当時中東で内戦のニュースしか届いてこない国のワインを飲んだとき、その質の高さに驚いた印象は今も薄れることはない。

レバノンは世界で最も古いワイン産地の一つであるという。その伝統もレバノンの内戦でズタズタに引き裂かれた。しかし文字通り命を賭けた生産者の情熱が「シャトー・ミュサール」というワインを世に送り続け、内戦が収束した今、再び古代の栄光を伝えるワインを世界市場に供給しようとしている。

このシャトー・ケフラヤはそのレバノンのワイン生産の中心、ベカー高原に位置し、ワインの生産に適した乾燥した土壌でカベルネ・ソーヴィニヨン、シラー、ムルヴェードル、グルナッシュといったフランス系ブドウによるワインを生み出している。レバノンではこうしたフランス系のブドウをブレンドしたワインが一般的に生産されているようだ。日本に届くのは赤ワインが殆どだが、ソーヴィニヨン・ブラン、シャルドネ、そして今ファッショナブルなヴィオニエも生産されているということで、これから注目される生産地だと思う。

色は深く落ち着いたルビー色。細かで稠密な色素がエッジまで緩やかなグラデーションを描きつつ入っている。香りはプラム、ドライフラワー、カカオ、オロロソシェリー、木桝、カラメルといった少し枯れた印象を思わせる香りがある。

アタックは滑らかで優しい甘さの感覚、そしてそのあとにその甘さを掬い上げるかのような落ち着きのあるふくよかな酸が口の中に広がる。そしてその酸の感覚をまた包み込むかのような豊かで柔らかさがあるこなれたタンニン。味わいが三重の層になってやってくる、深みのある構造をしっかりと感じることができる。そのあとに膨らんでくる旨みもまた丸みがあり、とてもしなやか。角がなく、絹のような味わいとはこういうものだろうか、と思わせる。

余韻は充実したタンニンの残りと共に、息の長い酸と穏やかな甘さの心地よい絡み合いが綺麗な螺旋を描きつつ、ゆっくりと引いて行く。

以前に比べれば戦乱も収まっているようだが、まだまだ予断を許さない状況にあるレバノン。そんな中で情熱ある生産者がこうしたワインを送り届けてくれることが嬉しい。思い入れを抜きにしても質の高いワインであることは間違いない。願わくば戦乱がこの地から払拭され、栽培家が安心してその力量を100%発揮される環境が整わんことを。。。

【ワイン酒屋mista 4,200円?】

2008年7月13日 (日)

長城干紅葡萄酒 カベルネ・ソーヴィニヨン1994 

6ju1p9pr
成都に夕方到着、ホテルに荷物を置いて近くの「重慶火鍋」とかいうものを売りにする店に入り、そこで辛〜い鍋を土地のビールとともに舌鼓。トウガラシ+粒胡椒が鍋一面に浮いていて、直線的な辛さが舌をピリピリ刺激する。ここで豚の脳も食べたが、それはまたの時にご紹介。

ホテルに帰って休憩がてらミニバーのワインを開栓。だって「九四年珍蔵品」ってあるから気になって仕方がなかったし、前の店でビールたらふく飲んだけどあけちゃえあけちゃえ、って感じ。

産地は中国河北省。北京や天津一帯の地域だが、両市は直轄市のため河北省の管轄ではない。このワイン、裏のラベルには木樽で熟成させて瓶詰めしているとある。詳細なところはわからないが、さていかがな味か?

色は明るく若干薄めのルビー色。熟成感はあまり感じない。香りはシナモン、松脂、山椒といったスパイス系の香りが強い。ミントのスーッとした香りも感じられる。

アタックはおとなしいが、その直後に収斂感のある苦味、薬草系の苦味が感じられ、それを追いかけるように細く軽い果実味がうっすらとした甘さ、弱い酸とともにやってくる。

熟成した味というよりは若い軽やかなワインという感じ。これが10年以上も経っているとは、おそらくブラインドで飲めば気がつかないだろう。ボリューム感はあまりなく、あくまで軽いワインといった印象だ。

余韻も微妙で弱さを感じさせるが、うっすらとした甘みもあり、軽妙といえば軽妙で決して悪くはない。全体のバランスから考えれば、これはこれでいいのかと思う。

線の細いワインで、旨み、重厚さには欠けると思うが土地のワインを飲む楽しみは十分堪能させてくれた。こういうワインはなかなか日本では味わえない。中国で地ワインを飲む、これが出張中唯一の楽しみだからね〜

【成都のホテルにて 120元】

2008年6月26日 (木)

スラ・ヴィンヤーズ ブリュット NV

Nxtl08s1
自分の中でもイチオシの一つであるインドワイン、その雄スラ・ヴィンヤーズから泡モノが届いた。もちろん名前は名乗れないが、「メトード・ジャンプノワーズ」、シャンパン方式である瓶内2次発酵方式によるもの。

使っている品種はサルタナ60%、シュナン・ブラン40%。後者はフランスでもロワール地域の発泡ワインには使われているので馴染みはあるが前者は一体?

このサルタナ種はインドに昔からあったブドウ品種で、今回このスパークリングを出す際に特にオーナーが選んだ品種。早熟だが酸を持った品種で、元々は干しブドウ用として生産されることが多いものらしい。干しブドウとしても、カリフォルニアレーズンと比べて甘さ控えめで酸があるとのことだから、ドライなワインには確かに適しているのかもしれないがさて?

注ぐと勢いよく泡が立つ。最初に比べると時間的な泡の出方は収束の度合いが早いようだ。色合いは若さのあるレモネードのような感じ。香りはチューインガム、オレンジ、ヨーグルトの甘い香り。

口に含むと、まずは予想以上に強い苦味成分。口の中を収縮させる強さを感じる。少しヨード的な香りと味わいを感じさせ、中盤は果実の厚み、活きのよい酸味、ほどよい苦味の絡み合いを楽しむことができる。

余韻は少し酸のもたつき、引き際のよさを感じさせてくれない所はあったが、果実の凝縮感、ほどよい甘みと苦味の心地よさは感じた。

価格を考えれば、味わいを十二分に感じさせるワインになっている。しかしいかんせんバランス面での難点は否めない。アタックと余韻に感じられる角のようなものがどうしても目立ってしまう。

そうしたところに目をつむれば、この価格でこれだけ特徴を語らせてくれるワインはそうない。また飲みたくなるのが不思議。文句も出ないような平坦なワインがいかに多いか...やはりインドワイン、タダモノではないようで。

【Cave de Terre 淡路町店 1,500円?】

2008年4月 3日 (木)

スラ・ヴィンヤーズ シラーズ2007

Ljprmwno
2、3年前だったら期待もしていなかった場所のワインが評判になっている。日本のワインも甲州やメルローは一定の評価を受けているし、最近は中国、ウイグルなどで大規模なブドウ栽培、ワイン作りが始まっているらしい。

しかし、今最も注目を浴びてしかも凄いポテンシャルを秘めているとすれば、それはインドじゃないだろうか。その代表格がこのスラ・ヴィンヤーズ。

シリコン・バレーのファイナンシャル・マネージャー、ラジーブ・サマント氏が故国インドのデカン高原地帯で始めたワイナリー。一般に暑い地域と思われるインドだがこの地帯は標高600メートルを超え、昼は暑く乾燥するが夜は涼しい気候がブドウ栽培に適している。

そしてこの地域で有機栽培を実践、環境に優しい農法を大々的に展開して今やインドワインのパイオニア的存在となった。

さて、色はそこが全く見えないほどの黒々としたルビー色。エッジまで緊密に色素が入っており、煮詰めたジャムのような色だ。香りは湿った犬の毛、粒胡椒、しば漬け、山椒の香り。

アタックはスパイシーさと程よいブドウの甘さ。しかしすぐ活き活きとした伸びやかな酸がやってくる。それも刺激的ではなく、丸さを帯びたやさしい酸。それが収まると巨峰ブドウを食べた時のような甘酸っぱさが感じられる。そのベースに感じられる粒胡椒を噛み砕いたときのようなスパイス感がしっかりある。

この酸とスパイスの確固たる味わいがこの価格で、このバランスで出るとは一体どういうことなんだろう?正直信じられない。特にこのキビキビとした酸、チリでもカリフォルニアでもめったにお目にかかれない。

余韻は上品なやさしい果実味がじんわりと引いていく。そんな中で口の中に漂うスモーキーな香りが心地よさをかもし出す。

この価格でこの複雑多様な味わい、それが見事に調和している。それでいてボリューム感もすばらしい。最近では出色の出来だ。安心して薦められるワイン、今のところはこれ以外にはないかな?

【創酒タカムラ 1,200円】

2008年1月26日 (土)

キングセルビー 堅下甲州ぶどう2007

M2zm4r4u
ヘビーな1週間が終ったが、どうも背中が痛い。エコノミーシートで窮屈な体制で眠った後遺症だろうか。

ようやく迎えた週末。そしてそんな夜には気楽に楽しめるワインのほうがいいかな、と思って地元大阪の日本のワインをチョイス。

カタシモワインフードは大阪府柏原市のワイナリー。明治以来の歴史を誇り、除草剤を使わず農薬を抑えたリュット・レゾネ農法を実践している。

そして用いるブドウは日本における最高の白ワイン品種である甲州。その歴史は古く、奈良、平安時代にシルクロードを通って渡ってきたと考えられているヴィティス・ヴィニフェラ系のブドウだという。古代の誰かが意図的に持ち込んだブドウの中で日本の風土に耐えたこの品種が山梨県一体に生き残り、今この日本でワインを作り得る実力を示すに至った。

以前の日本の白ワインといえば、何か野暮ったい香り、シロップのようなしつこさを感じる甘さが抜けきらなかったが、果たしてどうか?

このワイン、瓶の中に澱がみられた。白ワインでこの澱の量、これをあえて残す作りに少し驚かされた。色は薄い黄色で香りはリンゴ、ナシのやさしい果物の香り。

アタックはおだやかな酸とすこしほろ苦さを感じさせる。甘さは程よく、不自然な感じはない。穏やかで旨みも十分にある。ボリュームは決して大きいものではないが、酸、苦さ、甘さ、旨みがバランスを保って、口の中でふんわりとした心地よさを演出する。

余韻は強靭ではないが、さわやかな柑橘系の果物を食べた後のすがすがしさが感じられる。ほろ苦さもアクセントになってなかなか面白い。

昔、日本のワインに感じた不自然さは全くない。旨さも十分詰まったこんな素敵なワインが大阪で生まれている。造り手の努力に頭が下がる思い。日本のワイン、しかも関西発のワインも実力十分じゃないか、と嬉しくなってくるワインだ。

【Cave de Terre淡路町店 1,800円?】 

2007年9月13日 (木)

ディンドリ リザーブ・シラーズ2006 スラ・ヴィンヤーズ

_ijqpxcc
自分の中で最近イチオシはインドワイン、暑い地域なんで甘さベッタリのワインと思いきや、全く逆。さわやかな酸はしっかりあり、香りも複雑さをたたえている。赤も白もオススメだが、特に白、ソーヴィニヨン・ブランは本拠フランス・ロワールにある鮮烈かつ涼しげな味わいを持っている。

そのインドワインの雄、スラ・ヴィンヤーズのシラーズの上級キュベがこのディンドリだそうだ。この生産者が所有する畑でも最もよい区画から産出されるシラーズ。通常のキュベでも十分スパイシーさと漢方薬系の複雑さを持っていた。それはクローズ・エルミタージュのトップ、アラン・グライヨの味わいにクロスするものだった。

香りにまずガツンとくる。黒コショウを荒削りした香り、救急箱、古びた本にあるような香り、薬品系の香りがズンと鼻腔に入ってくる。獣的な香りもあるし、正直この香りに拒否感を覚える人も多いだろう。でも僕は大好き。オークの樽に由来するヴァニラの香りも顕著。若干付けすぎの感もしないではないが?

色は黒味の強い紫。重厚というか濃厚すぎて、底は全く見えない。エッジまで濃密に色が入っている。

味わいのアタックは思いのほかしなやかだが、すぐにスパイシーな味わいが口の中に広がっていく。しかし濃厚な味わいではない。果実味もまとまりがあり、野放図にただただ押しまくるようなことにならないのが不思議だ。タンニンもしとやかで、酸とのバランスも絶妙。この味わいはまさしくコート・ロティに共通する味わいだ。石焼イモの少しこげた皮を食べたときの感覚によく似ているなぁ。甘さと苦さのハーモニー、そしてスモーキーな香りが加わって、このワインの複雑な味わいを形作っている。

余韻も繊細な甘みとスモークの香りが微妙に絡み合い、長くふんわりと続く。

こんなワインをいとも簡単に低価格で作ってしまうとは...インドという国の潜在力には本当にまいってしまう。そしてその力を見出したオーナー、ラジブ・サマント氏の先見の明。素晴らしいとしかいえない。Great JOB!

【創酒タカムラ 2,800円】

2007年8月 5日 (日)

インドワイン、ヤバイです

Zsmu4sgb
前々からウワサは聞いていたが、インドワインスラ・ヴィンヤードのワイン、確かにヤバイ!

スラ・ヴィンヤーズはムンバイから180キロ北東、ナシクという町を本拠としている。ここは海抜約600mの高原地帯にあるが、地質を調べてブドウ栽培にうってつけの土壌、気候であることに気がついたラジーブ・サマント氏がカリフォルニアのワインコンサルタントを招き2000年からワインの生産を開始したそうだ。そのスタイルは有機栽培的、堆肥の使用、環境保全に留意した生産を進めている。

そのワインだが飲んでみて確かに驚いた。白、ソーヴィニヨン・ブランは酸もしっかり、青いハーブの香りもきっちりあり、フランス・ロワールのワインに近い。

赤のシラーも味わいは滑らかでミディアムボディだが、バックにあるスパイシーさが顕著に現れていている。昨今は濃い果実味ののったワインがもてはやされている中で、このワインは品種の個性を前面に出して軽快な飲み口、味わいのバランスも保って、なにより飲み飽きしないワインになっている。価格は1,500円代でまずまず。

甘さベッタリの鈍重なワインを想像していたが、飲んでみて先入観は恐ろしいと思った。久々の衝撃!これからインドワインの怒涛の攻撃が始まるかもしれない...恐れ入りました。当分ディリー使いできるなぁ。

2007年6月23日 (土)

シャトー・デ・シャルム ガメイ・ノワール2005

8gmhr3br
まさかカナダワインのコメントを載せるとは思わなかったんで、急遽カテゴリーを追加。日本ではアイスワインとしては入ってきているカナダワインだが、赤ワインは初めて。しかもガメイだし。こんなん酸っぱいだけちゃうんか?と正直怖い気もしていた。

しかし飲んでみるとビックリ。予想外の果実味としっかりとした酒質。ボジョレーとは全く違う味わいだった。驚きだったのはいささかも北の寒冷地で作ったという印象を受けなかったことだ。いったいどういうことなんだろう、と急遽書籍を紐解く。といっても日本ではメジャーじゃないんで急遽洋書の中から探すことに。

このワインはオンタリオ州にあるオンタリオ湖の南沿岸、まさにアメリカ合衆国との国境にある地域、ナイアガラ・オン・ザ・レイクのワイン。オンタリオ州はワイン生産に力を入れており、州法によりVQAというワイン認証制度を制定している。VQAはVinters Quality Alliance Ontalio(オンタリオワイン生産者品質協定)の略で、独立した監督機関が優れたワインに対して認証を与えて、その証明としてラベルに「VQA」の表示を認めている。

実はオンタリオ湖周辺はブルゴーニュ地域と気候が似ているんだそうで、最近はリースリング、シャルドネといった白ワインの品質に定評があるようだ。そして温暖な年はガメイ、ピノ・ノワール、カベルネ・フランや勿論カベルネ・ソーヴィニヨンのワインも素晴らしいものとなる。

シャトー・デ・シャルムはそんなオンタリオにある約50ほどのワイナリーの中でも優秀な作り手という評価を得ている。このガメイもたしかにしなやかで、黒すぐりのジャムのような厚みも感じたし、品質は高い。これだけのボリュームがあるのはやはり温暖化も影響してるのでは?と勘ぐってしまうが。

ただしやはり冬の冷え込みなどは厳しく、そんな気候に耐えるワイン生産への努力は、ドイツと同様に多くの交配品種を生み出した。もう1本飲ませてもらったカナダの赤ワイン、カベルネと「バコ」という品種のブレンドだったが、バコ自身はフランスでコニャックの原料に使われている白ブドウ品種フォル・ブロンシュとアメリカ系地ブドウとの交配品種だそうだ。このワインも滑らかでフルーティ、カベルネがもたらすタンニンとのバランスも十分だった。

このワインはワイン好きの姉御さんが旅行から持ち帰ってもらったもので、そうでなきゃなかなか好き好んで日本でカナダワインを飲もうという気というか、機会はありません。いや貴重な機会でした。次は最近評判のインド、デカン高原でもいきますか!?

【H19.6.16ワイン会にて S.Mさん持ち寄り】