フォトアルバム

カテゴリ

最近のトラックバック

お気に入りリンク

カテゴリ「ぶらり旅」の64件の記事 Feed

2011年7月23日 (土)

さすがカトリック国の美術館! ワルシャワ国立博物館

110713museum1110713museum27月、初めてポーランドに行ってきた。ポーランドは日本ではまだまだ東ヨーロッパ、発展途上国というイメージが強いけど、今ではEU圏内でスペイン、イタリアに次ぐ力を有し、旧東欧諸国では経済的には断トツと勢いとなってきた。そして何より強みは資源が豊富な点。最近では豊富なシェールガスの埋蔵も確認され、今後は欧州の強国へと発展するポテンシャル大。来年のEURO2012開催国と、まさにイケイケの勢いだ。ただ、代表チームは弱いのであまり国内では盛り上がっていないようだけど。。。

そんなポーランドはカトリック国としての伝統を誇り、かつてはオスマントルコによって包囲され滅亡の危機にひんしたハプスブルク、神聖ローマ帝国を救っている。しかし、その後は衰退し、ポーランド分割、ドイツ侵略によって国土を蹂躙される悲劇に見舞われた。しかし、其のたびにかつての栄光の歴史をバネとして復活を遂げた。

その歴史を何より物語るのが首都ワルシャワにある国立博物館。そこには中世キリスト教美術が満載。その数々を観て、まさに溜息。これだけまとまった作品を観ることができるのもカトリック国ならでは。その中に、レンブラント、クラナハといった作品もこっそりと置いてあって、久々に西洋古美術(?)的な芸術を堪能できた見ごたえある内容だった。ではその一部を。

110713museum3110713museum4110713museum5110713museum6110713museum7110713museum8110713museum14110713museum10110713museum12110713museum17_2110713museum18110713museum19110713museum20  110713museum13 110713museum14_2 110713museum15 110713museum16  110713museum11   

2010年12月23日 (木)

東京ランチ

2日間仕事で東京に行った。今回はあまり出歩かなかったけど、それなりに気楽~に息抜きもできた。

息抜きスポットとして最近よく使っているのは実は丸の内。東京駅に近い丸の内も、最近はファッションショップが増えたり、美術館もできて、オフの日も十分楽しめるスポットに。帰阪の空き時間に使えるのが良い感じ。

101223lunch1そして楽しみはランチ。

                                                    

                                                   

初日はのランチは、牛タンの厚切り定食。分厚く切られた牛タンを塩焼きで。ご飯も勿論大盛り。

牛タンの醍醐味は歯ごたえだけど、これだけ厚く切られていると噛みごたえあるし、噛むたびに肉汁が染みだしてきて、とても美味しい。そして、この牛タンに付け合わせられていた漬物が辛くて、これが自分好み。何の漬物なのか聞いておけばよかった~

101223lunch2101223lunch3二日目は屋外での昼酒タイム。三菱一号館美術館前のワインバーで、オムライスと共にグラスワインを。

一杯目はロワールのシュナン・ブラン、そして二杯目はブルゴーニュ、オーセイ・デュレスの1998年。このオーセィ・デュレスは繊細な味わいで、角の取れたきれいな酸がスムースに口の中に浸透してきて、昼酒にはもってこいだったな。

今年最後の東京、来年もまた美味しいランチが楽しめますように。。。

2010年6月 9日 (水)

出張のささやかな楽しみ

100605hongkong1_2最近は海外にちょくちょく行かせてもらっているけど、殆ど仕事なのでそんなに楽しい事がある訳じゃない。一人で行く訳でもないので、そうそう自由時間もない。

それでもなんとか時間を捻出して、せっかくなので自分もリフレッシュする機会も設けたい。今はなんとか2つのうち1つはできるように、と心がけている。

一つはその土地で開催している美術展に足を運ぶこと、もう一つは朝の時間にジョギング。特に朝のジョギングは最近の日課なので、トランクの中にはジョギングウェアとジョギングシューズが欠かせない。

この日は香港でのジョギング。昼間は熱い東南アジアも朝のうちなら心地いいし、海辺の町ならなおのこと。この楽しさは一度味わうとやめられないね。ま、こうでもしないと体重アップに歯止めがかからないという切迫した理由もあるんだけど。。。

2008年7月15日 (火)

世界遺産の町 楽山

F3kiggdb
四川省の省都、成都から車で時折豪雨に襲われる高速を走り続けること2時間、約120キロ離れた楽山市に到着。

この町は著名度は低いが実は人口は300万人を抱える大都市。そして世界遺産の楽山大仏を抱える観光名所でもあるとか。大仏は千年の歴史を誇り、岩山に姿を彫ること70年の末に完成したという話を聞いた。

町はハルビン、成都に比べると道も狭く片側1車線で窮屈な印象を受けるが、道に沿って立ち並ぶ店はアディダスショップもあったり、大都市らしくバラエティに富んでいる。そんな中に中国式の池を備えた回遊式の公園、寺院風の建物といった中国的イメージを思わせるものも見られた。

内陸の町、楽山。明日は成都に戻り、飛行機で上海に向かう。

2008年7月13日 (日)

復興の町 成都

Gqtvt4di ただいま四川省成都にいます。時差は日本より1時間遅い。

ハルビンから4時間飛行機に乗って到着しました。空港は町から近く12キロほど離れた便利な場所にあります。

表立っては地震の爪あとは意外なほど見えない。ただ復興のスローガンにそれが見えるくらい。

今から四川料理を食べに街へGo!

2008年7月 9日 (水)

中国は燃えているか?

_he9jokj
北京に行く訳ではないが。。。

これから1週間は中国です。まずは韓国に向かいます。目的地ハルビンは気温40度だそうな。

中東よりキツイ旅になりそう。

2008年6月29日 (日)

ルノワール+ルノワール展

9lt6jpvs
京都近代美術館で開催されている画家オーギュストと、息子ジャンのルノワール親子による展覧会。

オーギュスト・ルノワールの作品に絡めて、映画監督となったジャンの映像作品が並ぶ。息子は父の作品に少なからず影響を受けた。父の華やかな色彩感覚が、彼の映像に共通したものをかんじさせてくれる。

今回の父ルノワールの作品、とてもいいものが揃っている。自分はルノワールの肉厚な絵画があまり好きではないのだが、今回の展示は愛らしい作品が多かった。

特に妻アリーヌを描いた『肖像画』、『田舎のダンス』がみずみずしい光とともに輝いている。少し意地悪さも感じさせる小悪魔的な表情に惹かれ、画家が虜になったのも頷ける。これほど愛らしく描かれた画家の妻を未だ知らない。

魅力溢れるルノワールの世界がまとまって堪能できる展覧会。7月21日まで。

2008年6月21日 (土)

刺激的だぜ サウジアラビア

C96g8fen_s堅い印象のサウジだが、ジェッダの街はオブジェに溢れていた。やはりお金持ちは建築物が好きなんだろうか。サウジの交差点はイギリスのようにロータリー形。その中央にオブジェがおかれていることが多い。地球儀や波、そのほか意味不明なもの。見ていて楽しくなる。

Vsxnlazl_s砂漠に現れたこの門に掲げられた王様の肖像。ここは建設中の新しい人工都市、「キング・アブドラのエコノミック・シティ」の門。ドバイのような経済センターをサウジにも建設したいという政策から建設されているが、果たして?

I6onbrc6_s夜、怪しく光る黄金のシャンデリア。石油価格の高騰で世界の富が集まり続ける。バブルと表現する人もいるが、日本と違い資源を持つアラブの力は増すばかり。日本ってこれからどうなっていくんだろ?と思わずにはいられない旅だった。

2008年6月15日 (日)

翼よ、あれがサウジだぜ

Hd9buaiz_sドバイから飛行機で約2時間、サウジアラビアのジェッダに到着。物理的な距離は短いかもしれないが、それ以上に隔たりを感じるこの国へ観光ビザで入ることはできない。翼の下にはアラブの乾いた大地。飛行機を降りると、メッカに近いジェッダの空港は独特の衣装をまとった巡礼でごったがえしていた。入国審査も細かなカードを書かされて、役人の前に出るときも今まで経験したことのない緊張を感じた。入国審査を通過すると、その直後にまたしてもパスポートのチェック。ここは1人の検査官だけで、並んでいるとそこに平然と割り込んでくるイスラムの女性。少々ムッとするが、それもお国柄、宗教的な背景があるのかもと思い自分自身を納得させる。


Mc8obahl_sメッカに近いジェッダには巡礼が多く集まる。サウジ王家の権威はメッカやメディナを守護し、巡礼を保護することに発する。空港近くに現れたエノキダケのような建物は巡礼を休ませるための臨時施設。こうした施設を維持するための費用はばかにならないだろうが、それこそが彼らの権力の源泉なのだろう。


Qkjo9je3_sアラビア海側のドバイ、紅海側のジェッダ。同じ海側なのに、気候はジェッダのほうが乾燥していて暑くてもあまり苦にならない。夜になると湿気の差が明確に出てきて、ドバイの蒸し暑さに比べれば、ジェッダのほうがはるかに過ごしやすいと思った。テロを気にしてか街中は警戒の軍隊の姿をよく眼にし、特に空港、泊ったアメリカ資本のホテルは軍隊の戦車が駐留していて、門を入る際に銃口を向けられてドキッとした。やはりサウジは今までに感じたことのない異国感覚、緊張感に溢れていた。


2008年6月11日 (水)

熱いぜ、ドバイ

Xvlsyzdg
比較的郊外にあるホテルから、高速道路で10分すると中心街に。街中はメインストリートの両側に高層ビルが林立し、多くの会社がオフィスを構えている。ドバイは基本的に法人税は課税されない。ただし法人ライセンスは1年きり、更新しないと資格を失う仕組みのため、そのライセンス料が結構高い。しかしいまや交通の便もあいまって、多国籍な会議はこの街を拠点に開催されることが多くなっている。そして他国もドバイに負けじとそうした環境を整備しているんだそうだ

Osmlaqzs そんなドバイの街中でひときわ高いビル。8百メートルを越すんだとか。ドバイのビルはそれぞれが造形に工夫を凝らして、まさにその姿を誇るかのよう。一部には建設途中に国がその形を気に入らず、作り直しを命じて壊しにかかっているビルもあった。建築ラッシュでいたるところクレーン等の重機類。多くの作業員は人目で外国人とわかる人たちだった。



Cqdwoy5z
アラビア語がなければ、ここがアラブの国であることを忘れてしまうような街だ。欧米になるものは何でもある。マクド、スタバ、そしてイケアもしっかりあった。娯楽もゴルフ場もあるし、屋内スキー場もある。本当かうそか、将来は冬季オリンピックを誘致しようとしているとか?あながちやりかねない勢いがあるところが怖い

8gk9yd_r
夕暮れのアラビア海。ここはパルム・ジュメイラというパームの形をした有名な人口の島の岸辺。富を持ったものだけが入れる空間。この島には別荘、地域冷房施設など多くの施設が建設されており、やはり多くの外国人労働者が働いている。しかしそうした人たちはここには入ることは許されない。やはりこの街は現実には「持てる者のための街」なのだ。

2008年6月 9日 (月)

暑いぜ、ドバイ

Z9hztn8u
10時間かけて到着しました。エミレーツ航空、冷房効きすぎ!半袖で凍えそうだった〜皆も同じで毛布にくるまって寝ていた。後ろの子供は「寒い〜」と悲鳴をあびてかわいそうに。

しかし到着したらやっぱ暑い。そして景色がどうも白くもやっている。これは砂の影響?空港の周りは整然とした広い道が広がるが、大きな建物はあまりない。

しかし町に入るといたるところ建設現場で、そんな町の中に時折高層建築が点々と現れ、まだまだ発展途上の町なんだなと実感。

2008年6月 8日 (日)

深夜便23時15分発

Pwt9ahzu
間もなく出国。この夜があければ光の朝が待っている?

待ってろよ〜ドバイ。

2008年5月31日 (土)

地球彫刻モエレ沼公園

D4cx_etd
札幌市郊外にある元はゴミ捨て場だったこのエリア、今では自然と芸術の調和のシンボルとなった。一人の彫刻家と、その意思を継いだ建築家達によって。

モエレ沼公園、設計したのはイサム・ノグチ。彼が1930年代から持ち続けた『地球を彫る』というコンセプトを表現したこの公園は、入った瞬間から今までいた空間の感覚とは違うものを感じる。

正面に高くそびえ立つモエレ山。しかし威圧する感じはなく、芝の斜面に伸びる一筋の白い階段が自然と頂上へと誘う。

その山よりは一段低いプレイズマウンテンは階段状のいわばピラミッド。積まれた石の淡く茶色い面が芝から見え隠れし、これが大地の彫刻作品であることを確認させられる。

人工物臭さを全く感じさせない空間にあって、ただ一つ、ガラスのピラミッドだけが建築物といえるもの。それさえも軽快なフォルムで上から柔らかく覆いかぶさったような感じだ。

彫刻の世界を空間芸術にまで拡張したイサム・ノグチ。彼の作品があるわけではないが、この優しい雰囲気を閉じ込めたこの空間こそが彼の最高傑作なのだろう。

2008年5月30日 (金)

ABC新社屋の広場

Negfca8y
マンションの入居もまだなんで、人気がない。。。

なんかあるかと思ったんだけど、ありそでありません。も少しあとかな、賑やかになるのは?

2008年5月18日 (日)

白川郷です

Vsj6vbka
今日も快晴。白川郷で一休み。
山頂には雪も残っています。

この後、飛騨牛のコロッケ、メンチカツ、串焼きを賞味。あんまり変わんない気もするけど、旅先だからお約束ということで。

2008年5月17日 (土)

敦賀・杉津浜

8ofabijm
敦賀です。快晴。
北陸高速の杉津(すいづ)PAからの日本海。いい感じです〜!

2008年4月16日 (水)

仁和寺御室桜は満開

Fv95v34p
説明はいりませんな〜。

2008年4月 3日 (木)

阪急中津駅前の桜

Anxpvfhs
7分位までは来てるかな?

何処でもそうだけど、土曜日が見ごろでしょう。

手近なとこで十分かな?

2008年3月31日 (月)

伊丹市民オペラ 喜歌劇こうもり

Tjehsyrj
日曜日に行ってきたオペラ。伊丹市が市民参加で開催しているこのオペラ、既に20回以上の伝統があるそうだ。友人が合唱に出るということで、今回が初鑑賞。

演じるのは『こうもり』。おとしめられてこうもり博士の異名を付けられた男の、張本人である友人に対する復讐劇だが、暗い話じゃなく、全編に笑いが込められたコメディー的オペレッタ。ワルツの響きが華やかな舞台をさらに彩る。見ていても楽しいオペラで、自分としては今回3回目。CDはカルロス・クライバーの盤が最も著名だ。

このこうもりの序曲はいつ聴いても素晴らしい。「チャッチャッチャッ♪」の弦楽器の疾走感が見る前の期待を高ぶらせる。

そして華やかに繰り広げのられる舞台。第ニ幕オルロフスキー公爵の夜会では歌やワルツとともにちびっ子ダンス、長刀演舞も飛び出した!

三幕刑務所では関西弁丸出し看守の話芸が会場の笑いを誘う。そして大団円では美しくも楽しげな合唱とともに『乾杯』の歌が鳴り響いた。酒を交わす、気のあう仲間との宴の素晴らしさへの賛歌。

3時間の長丁場だったがあっという間に時は過ぎた。終幕の後、一緒に来た友人と共に楽屋裏を尋ね出演者に花束贈呈。苦労話はまた別の機会に。勿論酒は欠かせないね。やっぱりシャンパーニュ?

2008年3月29日 (土)

本日の靭公園

De0klpy8
4分咲きってとこですかね?

寒いのであまり花見も多くない。
来週は大変でしょー

2008年3月14日 (金)

熱海です足湯です

Cykin2ym
お目当ての公衆浴場が工事中で入れなかった。残念。。。

駅前の足湯で我慢。

家康の湯とか?由来不明。
結構に温くて気持ちいい。歩き疲れの身にはなによりでした。

2008年3月11日 (火)

大阪駅弁の定番八角弁当

0fymu7zd
朝から食べてしまった。久々に水了軒の定番弁当。

新幹線のホームにはもうないから、買っておいた。

食い過ぎかな?昼は控えます。。。

2008年3月 1日 (土)

池田城趾公園

6hcqtqhh
戦国時代の池田氏の居城跡。岡山、鳥取の池田氏とは関係ないようだ。

荒木村重の家臣となるが、村重は織田信長に謀叛し、その後池田氏がどうなったかはわからない。

荒木氏は村重以外は皆殺し、本人は生き残りって千利休の弟子になったとか。

土地に歴史あり?

2008年2月29日 (金)

waterfall

Jjweutji
都会の滝、豪快です。
梅田スカイタワーにて。

2008年2月26日 (火)

東京です

Lfwetuxd
今日一日は東京の六本木、セミナーです。

お楽しみはありません。

終わり次第帰阪。

2008年1月23日 (水)

深夜便で帰国

3alupdip
予定の日程は終了し、深夜1時発の便で帰国。

落成間もない第3ターミナルは綺麗でデカイ。さすが24時間空港、どの店も開いている。買いたいものはないけど。

関空への深夜便はシンガポール航空と全日空の共同運行。結構混んでいて、この日は真ん中の席。いつもは通路側を指定するが、この日は疲れていて忘れてしまった〜
最後まで肩身の狭い旅だったということで。

2008年1月21日 (月)

シンガポールの夜は更けて

Uv5xqrqi 昨日の夜中に着いたシンガポール。思いのほか暑くはないが、やはり日本の今に比べると格段に温かい。夜に着いたので蒸し暑さは感じなかったが。

今日は一日現地調査。さすがに町はきれいだ。アジアじゃないような感覚に襲われる。でも頻繁に現れる中国語がやはりここがアジアだと思い出させてくれる。

そんな仕事ばかりの一日で最後の楽しみは中華料理。フカヒレもうまかったが、アヒルの足がコラーゲンたっぷりで、やわらかく初めての食感。

明日も一日打ち合わせ。街中を散策するまもなく、帰国となりそうだ。なんかもったいないな〜、残念。

2008年1月 2日 (水)

北陸トンネル入口

Cldjj_yj
サンダーバード号で大阪に帰る途中。大阪までは約1時間半、本を読んでるとあっという間に着いてしまう。

南今庄駅を通過、北陸トンネルの手前は民家も少なく、一面雪。積雪は40センチくらいか?でも道路除雪は行き届いているようだ。

敦賀を出ても依然雪は止まない。でも雪自体が細かいので、さほど積もりはしないだろう。

そういえば、子供の頃の雪はもっと大粒で重かったように思う。気候の影響があるんだろうか?

さて、この雪景色、どの辺りまでつづくのだろうか?

2008年1月 1日 (火)

雪の正月

E1ztggju
あけましておめでとうございます。今年の実家での正月は雪景色となりました。雷が朝からゴロゴロ鳴ってます。男性合唱に例えれば、バスのような低音で鳴り響きます。

今年一年が皆さんにとって良い一年でありますように。

2007年12月25日 (火)

サンタが中之島に舞い降りた!

Hhiiu1mq
クリスマスですもんね〜

お疲れ様です。

2007年11月15日 (木)

4chのルミナリエ?

Bleawmyr
クリスマスも近いっつーことですかね?生はなかなかきれいなもんでした。ロフト前のMBSです。

2007年11月11日 (日)

紅葉は遠いぞ 靭公園 

Qe3mgwcb_s肥後橋付近の靭公園へ。まだまだ紅葉には遠いが、緑濃い木々の先端は徐々に黄色く染まりつつあり、季節は確実に冬へと向かっていることを改めて実感。


Lknrq1ck_s今日はこの靭公園で心斎橋のワインバー、アンフォラさんのバーベキューイベントに参加させてもらった。右の集団がそのご一行様。食材も定番の肉から中華料理、ワインは持ち寄りだったが高価なシャンパーニュもありバラエティ豊か。自分は1993年のシャトーヌフを持って行ったが、果実味豊かで雑味もとれ、落ち着いた味わいになっていた。


Vm7_trwn_s秋の公園で思い思いの休日を楽しむ人達。犬とサッカーを楽しむ人も。たしかに今日みたいな日であればボールを蹴りたくなるよな。ゆったりした休日でした。

2007年11月10日 (土)

中津まつり

Xiupxqxz
そういえば、今日は中津まつりだった。阪急中津駅真ん前の公園をメイン会場にしてやってます。

いつも忘れるんだな〜。引越してから二年になるけど、まともに行ったことがありません。

モンゴルのパオも建ってたぞ?何すんだ!?

帰りにでも寄ってみよう。

2007年10月 7日 (日)

菊人形の気付け前

S3bxf4at
胴殻(どうがら)というものを作って、その上から菊を着せていくわけです。

何も付けてないと、やっぱ少し間が抜けてるかな?

たけふ菊人形

Bafrlcrn
11月4日までやってます。今年からは週末ナイターもあるとか。

題材は『風林火山』。今はこういうのを作れる職人さんがいないのか、昔に比べると人形の数が少ないなぁ。枚方もやめたくらいだし。

越前市紫式部公園

Cwubep0j
実家に帰ってます。

特に有名な名所ないんで、近くの公園を。

父が越前守で赴任してきた時に一緒に来たけど、都が懐かしくて、早く帰りたかったんだそうで。

そういう人の像ってのも、ねぇ?

2007年9月16日 (日)

阪堺電車に乗って

Tvvkphvz_s堺まで出かけることにしたが、フツーに行くのもなんなので、天王寺まで地下鉄で出て、そこから阪堺電車に乗ることに。堺は昔10年ほど住んでいたが、阪堺電車に乗る機会はなかった。天王寺駅前を出てしばらくは路面電車の路線。


Wsurklox_s堺方面に行くには、住吉駅で乗り換える。住吉が近づくと高い建物が少なくなり、住宅地らしい情景に変わってくる。


Jfcsnuye_s住吉駅で上町線(天王寺駅前〜住吉公園)と阪堺線(恵美須町〜浜寺公園)が交差する。こちらの我孫子道行きの電車は赤と黒のデザインで、なかなかスタイリッシュでかっこいい。


Oxmpvpft_sこちらは天王寺駅前行き。祭りのイラストがかわいらしい。そういえば、堺では今日はふとん太鼓の行列が町に繰り出していた。暑い中大変だろうなぁ。今日も秋に似合わず蒸し暑い一日でした。特に堺は大阪に比べて暑く感じたがなんでだろう?

2007年9月13日 (木)

5分間クルーズ 天保山の渡し

Ypchdpyj_s天保山のサントリーミュージアムに向かう。暑さもさほどではなかったので、自転車で淀川の河川敷を下り、ユニバーサルスタジオを通過して桜島から天保山の渡しに。ここを利用するのは初めて。だいたい30分に1本、無料で対岸に渡らせてくれる。


Dsjdr34v_s運営は大阪市。今、大阪市に残る渡しは8箇所だそうだ。この天保山の渡しは安治川最下流の渡し。此花区桜島3丁目と港区港湾3丁目を船でつなぐ。


Muyhymil_s乗船し出発。短い船旅ながら、なんかウキウキする。子どもと変わらんな〜!


8fhnovhh_s船から大阪湾を臨む。大阪市が水の街、港町だってことを改めて実感しました。

2007年8月26日 (日)

永運院の流し素麺大会

1u33wrak
金戒光明寺、『黒谷さん』の塔頭、永運院では只今流し素麺の真っ最中。

浴衣で愉しむという趣向でもあり、浴衣を着た人が多い。こういう時はうらやましく見える。

結構腹一杯になりました。

2007年8月25日 (土)

スカイタワーの夜景

Dlruhnq6
下から見ると、結構迫力あるね〜

なんか「メトロポリス」に出てきそうな感じ。決してモノクロームじゃないんだけど、案外いい感じかな?

2007年8月24日 (金)

道の真ん中に

Rsuazgif
中津の貨物線沿いにある道のド真ん中に鎮座するお地蔵さん。

交通量は少ないけど、凄い存在感です。

2007年8月14日 (火)

梅田もゆったり

Xw_9aepx
お盆も通常勤務です。むしろ人通りも少なく、心もちゆったり。仕事場がビルの中、30階なんで、昼飯時はエレベーターに乗るのも一苦労たが、今日は一発、ガラガラだった。

8時半ごろからフィットネスジムに行くが、此処もスカスカ。待ちの時間がないのでトレーニングもスムース。待たないとこんなに もストレスを感じないものなんだな〜

ついでに今日は休肝日にしてますので、ワインネタもありません。代わりに大阪駅前の夜景をどうぞ。

2007年7月28日 (土)

不在者投票しました

65pw78st
昨日は遅くなったので、午前中は寝て、昼から北区の区役所に参議院選挙の不在者投票に行った。

明日外出予定があり、朝のうちに行けないことはないんだが、行けるうちに行っておくことにした。

結構出足はいいようだ。区役所にも入れ代わり立ち代わり人が出入りする。

今回の選挙、かなり今後の政治に影響を与えそうだ。みなさん、棄権せずに投票に行って、何らかの意志表示をしましょう!

2007年7月 1日 (日)

上野公園の大道芸

Vx54cl7l
エンドレス・ラブの音楽にのせて、二人の男女がパントマイム風の踊りを踊る。
意味は不明!

東京美術館巡り

Wuikqwww
夜行バスで本日は東京に。
今から展覧会のハシゴです。

2007年6月24日 (日)

新熊野神社の大クスノキ

Ygz4phpu
その昔、熊野信仰がはやった時、『大天狗』後白河法皇が都に熊野から神様を迎えて奉ったのが新熊野(いまくまの)神社。地元の人は『権現さん』と呼んでいた。

その神社の入口にあるのはでっかい樟(クスノキ)。これも熊野から苗木を運んで法皇お手植えのものだとか。

大通りに面した神社なのに。排気ガスがかえって生命力をアップさせているのか?しかしデカイ。

東福寺開山堂

Rvonpz9f
僕の勝手な思い込みかも知れないが、雨の京都で最高のスポットは、この東福寺開山堂だと思っている。

寺の奥まった所に造られた、屋上に楼閣を乗せた独特の造り。山の緑に囲まれた静謐な閉じた空間。この日は蛙も鳴いていた。

堂に向かって左は普門院。ここに腰掛けて前景のお堂と庭を眺めていると、落ち着いた気持ちになる。

それではしばしゆっくりしますか。

東福寺臥雲橋から通天橋を望む

Ug0ttnrz
紅葉の頃は混雑する東福寺も、梅雨の頃は人も少ない。

恥ずかしいが、境内に入るところのこの橋が臥雲橋というのを初めて知った。

そして寺の中が通天橋。梅雨の雨の日、臥雲橋から通天橋を眺めると、眼下には緑の雲海が広がる。

梅雨の京都のオススメスポットだ。

三室戸寺堂宇

56gzd2j5
一番奥、石段を登った所が堂宇。蓮がお堂の前に広がり、まさに極楽浄土の再現、という趣か?

なかなかいい感じのお寺でした。京阪三室戸駅から徒歩10分。

梅雨のツキモノ

K7hkae1r
同じく三室戸寺にて。梅雨の風物詩。

これはツキモノでしょ〜

アジサイとカタツムリです。