フォトアルバム

カテゴリ

最近のトラックバック

お気に入りリンク

カテゴリ「その他」の4件の記事 Feed

2015年12月31日 (木)

シャルトーニュ・タイエ キュヴェ・サンタンヌ ブリュットNV メルフィ(モンターニュ・ド・ランス)

151228chartognetailletジャック・セロス、その名は現代のシャンパーニュ界にあって最高峰の座を占めていることに異論はないだろう。そして、数多くの造り手がセロスの当主、「アンセルムの教え子」という修飾語付きで語られる。

若干32歳、アレクサンドル・シャルトーニュもまた、アンセルム・セロスに師事した造り手の一人だ。シャルトーニュ家の歴史は16世紀にまで遡り、メルフィもまたかつてはグラン・クリュに匹敵する産地であった。その名声を復活させるため、アレクサンドルは土壌、ひいてはテロワールにこだわり、徹底的な分析によって畑に最適なブドウを選び、今は単一区画・単一品種によるリューディ・シリーズを世に送っている。このオーソドックスなキュヴェは、シャルドネ50%、ピノ・ノワール50%により、ドサージュは5g/l。

色はややピンクグレーがかった、薄めのイエロー。泡は優しくゆっくりと立ち上がる。香りはライム、青リンゴ、はちみつ、ヨード、ややスモークの香りも感じられる。

口に含むと細かな泡の優しさとともに、ドライでピュアな果実味がストレートに迫ってくる。酸は柔らかく穏やかで、かつボディの膨らみは中程度なので、ややこじんまりとした感じは否めないものの、均整よくまとまり素朴さも感じさせる味わいは、負担感なく自然と体に染みわたってくる感覚。中盤から後半にかけて苦みがベースとなり、安定感をもたらす。

余韻は穏やかな甘さが口の中を薄皮で包むように広がり、最後までバランスの良さを保ちながらさわやかな柑橘の旨味を残してフィニッシュする。

均整の取れた味わいながら、アクセントとしてやや土っぽいニュアンスを残しているところが、テロワールを重視する彼なりのこだわりなのかもしれない。リューディ・シリーズもぜひ試しておきたいところ。

【wineshop recork(フィラディス)6,000円?】

2011年6月 3日 (金)

ブログ復帰します!

110603india2週間ほど更新できておりませんでしたが、その間インドに行っておりました。ネット環境が悪く、現地での更新もできないまま、帰国してもご多分に漏れず下痢からくる体調不良に悩まされ。。。

でもようやく体調回復してきましたのでブログもぼちぼち書いていきたいと思います!よろしくお付き合いください。

アーセナルの最終戦も見ることできす、結局4位。。。この結果は至って残念。シーズンオフの移籍市場も気が気ではありませんが、こちらも変わらず信じてついていきたいと思っております。

ということで、日は開きましたが何も変わらぬこのブログもよろしくお願いします。

2011年3月16日 (水)

震災に思う。

110315arsenal彼のメッセージに全てが凝縮されていると思います。

今はただ少しでも多くの方の命が救われますように。

しばらくはメール等控えます。

お金で解決するわけではないけれど、今の自分がすぐにできることは募金に協力することかと思っています。

あと、批判はあるかもしれませんが、原子力発電所の現場で命を張って懸命の努力をしている職員、作業員の方に敬意を表します。

ただ批判するだけではなくて、彼らの事も思いやっていただきたい。現場の方が一番苦労しているに違いないのだから。

今はただ、一人でも多くの人の命が救われますように。それのみです。

そして関西、自粛したい気持ちもあるけれど、今こそ日本を支える勇気を!

2008年9月 1日 (月)

無断引用に関するご指摘へのお詫び

本日、以前に投稿した記事の中で、ゲーテの「ミニヨン」という詩の内容を無断引用しているとのご指摘を受けました。

http://cesc22.blog.eonet.jp/default/2008/03/post-7402.html

ゲーテの詩で一般的なものという誤解の元で、結果として渡辺美奈子さんの著作を無断引用することになっておりました。誠に申し訳ないことであり、今回のご指摘に対しまして心から感謝いたしますと共に、翻訳者の渡辺様に対しては心から謝罪いたします。今後このようなことのないよう、注意いたします。

この件に関しましては渡辺様も謝罪を容れてくださり、ご理解もいただきましたが、自戒の念もこめましてここにこのまま経緯を残します。

誠に申し訳ありませんでした。