フォトアルバム

カテゴリ

最近のトラックバック

お気に入りリンク

« シャルル・デュフール ビュル・ド・コントワール #3 エクストラ・ブリュットNV ランドルヴィーユ(コート・ド・バール) | メイン | G.D.ヴァイラ ランゲ・フレイザ2008 DOCランゲ »

2015年12月31日 (木)

シャルトーニュ・タイエ キュヴェ・サンタンヌ ブリュットNV メルフィ(モンターニュ・ド・ランス)

151228chartognetailletジャック・セロス、その名は現代のシャンパーニュ界にあって最高峰の座を占めていることに異論はないだろう。そして、数多くの造り手がセロスの当主、「アンセルムの教え子」という修飾語付きで語られる。

若干32歳、アレクサンドル・シャルトーニュもまた、アンセルム・セロスに師事した造り手の一人だ。シャルトーニュ家の歴史は16世紀にまで遡り、メルフィもまたかつてはグラン・クリュに匹敵する産地であった。その名声を復活させるため、アレクサンドルは土壌、ひいてはテロワールにこだわり、徹底的な分析によって畑に最適なブドウを選び、今は単一区画・単一品種によるリューディ・シリーズを世に送っている。このオーソドックスなキュヴェは、シャルドネ50%、ピノ・ノワール50%により、ドサージュは5g/l。

色はややピンクグレーがかった、薄めのイエロー。泡は優しくゆっくりと立ち上がる。香りはライム、青リンゴ、はちみつ、ヨード、ややスモークの香りも感じられる。

口に含むと細かな泡の優しさとともに、ドライでピュアな果実味がストレートに迫ってくる。酸は柔らかく穏やかで、かつボディの膨らみは中程度なので、ややこじんまりとした感じは否めないものの、均整よくまとまり素朴さも感じさせる味わいは、負担感なく自然と体に染みわたってくる感覚。中盤から後半にかけて苦みがベースとなり、安定感をもたらす。

余韻は穏やかな甘さが口の中を薄皮で包むように広がり、最後までバランスの良さを保ちながらさわやかな柑橘の旨味を残してフィニッシュする。

均整の取れた味わいながら、アクセントとしてやや土っぽいニュアンスを残しているところが、テロワールを重視する彼なりのこだわりなのかもしれない。リューディ・シリーズもぜひ試しておきたいところ。

【wineshop recork(フィラディス)6,000円?】

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/354667/33695365

シャルトーニュ・タイエ キュヴェ・サンタンヌ ブリュットNV メルフィ(モンターニュ・ド・ランス)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿