フォトアルバム

カテゴリ

最近のトラックバック

お気に入りリンク

« ティエリ・エ・パスカル・マトロ ヴォルネイ サントノ プルミエ・クリュ2008 AOヴォルネイ 1erクリュ  | メイン | ステファン・コキエット ラ・キュヴェ・デ・クレ ブラン・ド・ノワール ブリュト グラン・クリュNV シュイイ(コート・ド・ブラン)  »

2015年12月13日 (日)

ステファン・コキエット カルト・ドール ブリュットNV シュイイ(コート・ド・ブラン)

151212coquiettecartedorシャンパーニュは大好きだが、やはり高価なものなので、選ぶ際には価格を第一に考えてしまう。その価格にしろ、安ければいいというわけではなく、定評のある造り手を中心にそのオーソドックスなキュヴェを普段は選んでいくことになる。

低価格帯のシャンパーニュでも品質の高い造り手は多いが、このステファン・コキエットもその一人だろう。エペルネに隣接し、グラン・クリュと評価されるシュイイを本拠にしており、当初は父の会社でワインを製造していたがm、1993年から瓶詰めを開始、今でも年産約5万本の小規模なRMだ。ブドウはシャルドネとピノ・ノワールのみを栽培し、このスタンダード・キュヴェであるカルト・ドールもアイおよびマロイ・シュル・アイ地区のピノ・ノワール67%、そしてシュイイ地区のシャルドネ33%によるもの。樹齢は45年、ドサージュは5g/l。

色は照りのある明るめのレモンイエロー。泡は細かに柔らかく立ち上る。香りは青リンゴ、ドライフルーツ、白桃、やや苦みを予感させるハーブ香、カモミール。

口に含むとクリーミーな泡が舌先で弾け、その直後溌溂としたストレートな酸が飛び込んでくる。充実度のある果実味は安定感をもたらし、穏やかな甘さで口の中を満たす。構造はややフラットで、膨らみも中程度だが、質感は十分あり、後半に向けてはピュアで透明度の高い味わいが程よいミネラル感のグリップによって優しく、しかし鮮明に浮かび上がる。

余韻はややドライな渇きを覚えつつ、落ち着きのある柔らかな甘みと細めの酸が螺旋を描くように流れ、クリアな後味に収斂していく。

スケール感は価格帯を考えればやや小ぶりではあるが、それゆえに負担感のない味わいが心地よく、果実味の凝縮感と品格、独特のシルキーさも印象深い。食事を通して使うよりも、アペリティフとしてその能力を十二分に発揮してくれるであろう、珠玉の一品というところかな。

【ワインハピネスコレクション(i-wine Happiness) 6,200円】

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/354667/33678819

ステファン・コキエット カルト・ドール ブリュットNV シュイイ(コート・ド・ブラン)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿