フォトアルバム

カテゴリ

最近のトラックバック

お気に入りリンク

« ドメーヌ・ポンソ サン・ロマン キュヴェ・ド・ラ・メソンジュ2011 AOCサン・ロマン | メイン | ティエリ・エ・パスカル・マトロ ヴォルネイ サントノ プルミエ・クリュ2008 AOヴォルネイ 1erクリュ  »

2015年12月 6日 (日)

ホッフキルシュ マキシマス ピノ・ノワール2009 ヘンティ(ビクトリア州) 

151206hochkirchpinotnoir2009あまり飲んでない印象かもしれないが、実はオーストリアのワインではシラーズよりもピノ・ノワールが好きなので、結構飲む機会はあるし、実際に買い求める事も多い。ただ、それほど安くはないので、その場合にはかなり選り好みをしてしまう。

オーストリアでも南部は緯度も低く、その中にあってヴィクトリア州は地形が南にせり出し、対岸がタスマニア島であることから、気候は冷涼な地区が多い。その冷涼さがピノ・ノワールに欠かせない芯のある酸を産み出す。だから、ヴィクトリア州、タスマニア州のワインは自分にとってツボにはまるワインというわけだ。

ホッフキルシュはメルボルンから西300kmに位置するハミルトンに位置し、1990年設立。1997年からはビオディナミに移行した。このピノ・ノワール、マキシムスは全て手摘みで収穫、野生酵母酵母により開放発酵槽で醗酵された後、4週間のマセラシオンを行い、フレンチオーク(25%新樽)に移され18ヶ月間熟成される。このキュヴェは最高のブドウが収穫されたときのみつくられ、2009年以降はリリースされていないそうだ。

色は濃密でしっとりとした質感のあるやや薄濁りのルビー色。香りは大地を最初から思わせる粘土のような重みを感じ、その後ラズベリー、紫蘇、黒胡椒が放たれる。

口に含むと、引き締まった果実味の中に芯のある酸味が中心を成し、拡散させない味わいのまとまりが感じられる。豊かな果実味には甘みの印象も伴うが、決して重々しさはなくチャーミングで節度の取れたボディ感。タンニンも細やかで、中盤から後半への意外なほどの抜けの良さが心地よい安堵感をもたらす。

余韻は細いがしたたかな酸が中軸を担い、その周りをソフトに包む落ち着いた甘みが長く残りつつ、優しく昇華していく。

凝縮感はあるがそれが負担感のない程度で収まっており、節度と品格をしっかりと保っている。オーストラリアの良いとこどりを表現したピノ・ノワール、休日にふさわしいリッチな気分を存分に感じさせてもらったかな。

【wineshop recork(kp Orchard Co.)5,000円?】 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/354667/33670899

ホッフキルシュ マキシマス ピノ・ノワール2009 ヘンティ(ビクトリア州) を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿