フォトアルバム

カテゴリ

最近のトラックバック

お気に入りリンク

« イル・マッロネート ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ2008 DOCGブルネッロ・ディ・モンタルチーノ | メイン | ホッフキルシュ マキシマス ピノ・ノワール2009 ヘンティ(ビクトリア州)  »

2015年11月22日 (日)

ドメーヌ・ポンソ サン・ロマン キュヴェ・ド・ラ・メソンジュ2011 AOCサン・ロマン

151122ponsotsaintromain

ブルゴーニュ有名ドメーヌものがかなりお高く感じられるようになったので、ボトルを購入してまで飲む機会というのは減った気がするが、それでもこういうあまり見ないもので値段も手ごろなのを見つけると、手を伸ばしてしまう。

ドメーヌ・ポンソと言えばモレ・サン・ドニを本拠とし、絶対的に赤ワインで有名な造り手だが、コルトン・シャルルマーニュといた白ワインももちろん手掛けている。最高にレア、といえばアリゴテで唯一のプルミエ・クリュを名乗れるクロ・デ・モン・リュイザンを単一所有している。いつかの機会にはぜひ飲みたいと思っているが、果たして?

このサン・ロマンはヴィラージュものだが、サン・ロマン村自体にプルミエ・クリュはない。コート・ド・ボーヌの村々からはやや西に奥まったところにあり、ムルソーとモンテリーの間、オーセィ・デュレスの村を抜けたところにある。標高が高く約400m、気温は低いが地形が複雑で風の通りを遮り、ブドウの成熟に十分な環境となっている。

色はややグリーンと粘性を感じさせる落ち着いたゴールド。オレンジ、青リンゴ、白い花、ヨーグルト、カスタードといった甘さを感じさせる香りがあるが、やや閉じ気味。

口に含むと溌溂としたスレンダー、かつ冷涼な酸に導かれて、均整の取れたやや細身の果実味が広がってくる。ジューシーでまとまりのある味わいはブルゴーニュらしい品格を備えており、ややドライで後半には辛みさえも感じるミネラリーな味わいが複雑さを感じさせる。

余韻は最後まで息を切らさない酸のフレッシュさを残しつつ、樽のシャルドネらしいリッチなふくよかさが浮遊感をもたらし、その味わいがゆっくりと昇華していく。

全体に過不足なくまとめ上げられた、大手の余裕を感じさせる1本。あまり樽々しいシャルドネよりも僕はおとなしめの味が好みなので、こういうワインのほうが安心して楽しめるし、グラスを重ねる楽しみも生まれる。クセのあるワインも好きだけど、たまには王道で余裕をかましていいですか?

【エノテカ大阪店(エノテカ)6,000円?】

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/354667/33656761

ドメーヌ・ポンソ サン・ロマン キュヴェ・ド・ラ・メソンジュ2011 AOCサン・ロマンを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿