フォトアルバム

カテゴリ

最近のトラックバック

お気に入りリンク

« 2015年8月 | メイン | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月26日 (土)

ファンキー・シャトー ピノ・ノワール ブラック・ラベル2013 小県郡青木村(長野県)

150926funkychateaupinotnoir最近最も驚かされたワインを挙げろと言われれば、まずこの一本を推そう。日本のピノ・ノワールがここまで来るとは思っていなかっただけに初めて口にしたときは衝撃的だった。

ファンキー・シャトー、名前からすれば弾けたワインの印象だが、実はすごくクラシックな造りで、ここのシャルドネもブルゴーニュタイプの落ち着いた風格、バター、蜜のニュアンスをしっかりまとった高級感も併せ持つ本格的な造りが背反し、忘れられない個性を記憶の中に植え付けてくれる数少ない日本のワイナリーの一つだ。ただし、自分の中ではその最高峰と思っている。ファンキー・シャトー、セイズ・ファーム、山崎ワイナリー、この3つが今の自分の中でのトップ3。

さて、このピノ・ノワールは生産1,384本。標高750mの畑で完熟したブドウをコールドマセラシオン後ステンレスタンクで約2週間自然発酵させたのち、18か月間バリックで熟成、無濾過無清澄で瓶詰めされる。

色はやや濁りのある、赤い果実のピュアな果汁を思わせる明るいルビー色。香りはストロベリージャム、カシスの甘い香りに加えて、バニラ、オイリーな樹脂系の香りも感じられる。

口に含むと濃密なベリーの果実味が重量感を伴って押し寄せるが、その中に溶け込んだやや野性味に勝つタンニンも決して粗くなく細やかで、クリアでストレートな酸味と不思議な調和を保っており、中盤は一転して酸、タンニン、果実味のスレンダーな三重奏が繰り広げられる。自然な凝縮感を保った味わいにくどさは全く感じられず、後半に進むほどにきれいな甘さが豊かに広がり、味わいの純度の高さをひしひしと感じさせられる。

余韻はおしゃれなデザートを口にしたときの満足感が広がりつつ、爽やかな甘さと酸の螺旋階段を下りていくような立体感を描いていく。

正直なところ日本でピノ・ノワールの複雑さを再現することは困難、とつい最近までは思っていたのだが、今ではそんな事が無知だったと懺悔せずにはいられないほどに嬉しいほどの表現力。これからこのワイナリーがどの境地に向かっていくか、ますます目が離せない。このまま行くと今年のベスト1になりそうな予感。Great JOB!

【R -the wine shop- 5,000円?】

2015年9月24日 (木)

ディジオイア・ロワイエ シャンボール・ミュジニィ2010 AOCシャンボール・ミュジニィ

150923chambollemusignyワインは農作物であること、その事を身をもって体現している造り手として、この人ほど当てはまる人を僕は知らない。4年前の来日、とある酒販店に現れたとき、まさに畑からそのまま出てきたようなジャンパー姿には驚かされたが、拙い自分のフランス語での会話にも優しく答えてくれたその人柄にすぐさまファンになった。今でも少しひいき目で見てしまうところがあるものの、彼のワインには他にはない落ち着き、優しく寄せてくるような旨味の流れが感じられる。それはシャンボール・ミュジニィというテロワールにもよるものだろう。

3代目当主、ミシェル・ディジオイアがドメーヌを継承したのは1999年。ブルゴーニュで最も畑にいる時間が長い、と表現されることも多い彼の信条はワインは健全に熟したブドウの表現、であるということ。だから栽培面積も4.5haと小さいが、それは彼がブドウに神経を注げる最大範囲なのであろう。栽培は厳格なリュット・レゾネで、収穫後は選果台による選果を行い、天然酵母のみで発酵させる。赤ワインは木製開放槽で発酵させ、ノンフィルターでビン詰めを行う。このワインは村名クラスだが、樹齢は平均45年。

色は黒味の強い、凝縮感のある暗いルビー色。香りはザクロ、ラズベリー、カシス・リキュールの熟した果実香に加えて、ミントチョコレート、シナモンの甘いお菓子を感じさせる香りもある。全体的には甘さを連想させる香り。

アタックは肉付きのよい余裕のある熟したベリーの果実味がストレートに伝わり、その果実味に密に溶け込んだフレッシュで細かな酸が心地よく跳ねる。果実味が強い分、高めの酸を保つことで重さに陥らないバランスが好ましい。複雑さよりも率直な旨さで魅せる展開を貫き、中盤から後半にかけての安定感を支配する緻密なタンニン落ち着きを演出、コクのある豊かな味わいへとつながっていく。

余韻はピュアな果実味と柔らかな酸味のハーモニーが伸びやかに広がり、飲み飽きのしない旨味をたたえつつ、なだらかな斜面を下りていくような眺望感でフィニッシュする。

美味しいワインを飲むと不思議といろいろな表現が自然と浮かんでくるものだが、このワインもまさにそうだった。真に畑に情熱を傾ける人が育んだブドウのストレートな旨さを楽しもう、それ以外に何が必要か?それを問いかけるようなワインだった。

【ワインショップタカムラ(ヌーヴェル・セレクション)7,000円?】

2015年9月23日 (水)

ビトウィーン・ファイヴ・ベルズ ネッビオーロ2014 ジーロング(オーストリア ヴィクトリア州)

150922betweenfivebellsブドウ栽培者にとって最も厄介なブドウの一つはネッビオーロに間違いないだろう。イタリア、ピエモンテにおいてゆるぎなき世界的名声を放ちながら、それ以外の土地では殆ど栄光を勝ち得ていない。環境に敏感と言われる故であろうか。

ネッビオーロの王国、ピエモンテの気候自体は夏暑く、冬は寒い。ブドウにとっての成長期が短い反面、ネッビオーロは芽吹きが早く生育は遅い。この逆境を克服したブドウのみがそのポテンシャルを十二分に発揮できる。

オーストリアの南端、ヴィクトリア州は冷涼な気候で、メルボルン近郊では有名なヤラ・ヴァレーがあり、ピノ・ノワール、カベルネ・ソーヴィニヨンなど国際品種で成功している。しかし、この地に本拠を置くビトウィーン・ファイヴ・ベルズは、シラーは勿論だがこのネッビオーロ、ムニエ、ネロ・ターヴォラなど様々な品種に挑戦している注目の作り手。

色はやや暗めの穏やかな雰囲気を伴ったルビー色。香りはプラム、イチゴジャム、シロップ、塩昆布、ミント。

口に含むとジューシーな赤い果実のストレートな酸味、甘さが迫り、その直後にはきめ細かさとボリューム感を兼ね備えたタンニンが味わいに安定感をもたらす。ネッビオーロの特徴ともいえる確固としたタンニンはしっかり感じられるが、堅さは全く感じず全体の調和を乱すこともなく、時として溢れそうな果実味をしっかりと包み込む包容力を備えている。後半のピュアですっきりした酸味と細かな渋みの二重奏もきりっとした緊張感を伴い、心地よい。

余韻は最後まで伸びやかな赤い果実の旨味が細く長く残り、澄み切った酸味の後味を引きながら綺麗なフィニッシュに至る。

ピエモンテのネッビオーロとは異なる印象を持ちつつ、ワインとしては不自然さが全く感じられないところは、今まで飲んだイタリア以外でのネッビオーロとは全く質を異にする。正直イタリア以外でこの品種を飲む必要は全くない、と思い込んでいたが、その認識を100%覆してくれたワイン。年産480本の1本に出会えた奇跡かもしれない。Good JOB!

【R-the wine shop-(ワインダイヤモンズ) 6,000円?】

2015年9月20日 (日)

ドメーヌ・タカヒコ ヨイチノボリ パストゥグラン2012 余市郡余市町

150919yoichinoboriシルバーウィークの5連休。こういう長い休暇の最初は、ゆったり楽しめるワインで幕を開けたいもの。そこで、久々にドメーヌ・タカヒコのワインを開けることにした。

日本ワインにおいて曽我という苗字を忘れることはまず不可能だろう。その先鞭をつけて長野小布施にワイナリーを開いた彰彦氏の弟、孝彦氏が独立して余市にドメーヌ・タカヒコを設立したのは2010年。生産量は少ないが自社醸造でピノ・ノワール、ツヴァイゲルトレーベによる赤ワインを生産している。特にピノ・ノワールの思い入れが強い。このパストゥグランはブルゴーニュにおけるガメイをツヴァイゲルトレーベに見立て、ピノ・ノワールとのアッサンブラージュ。

色はやや暗めで、紫がかったしとやかなルビー色。エッジは薄め。漢方薬、ハーブ的な香りが強く放たれる。甘草、スミレ、ザクロ、黒胡椒、バックに燻香も感じられる。

アタックから涼やかでまとまりのあるピュアな酸味と、熟したエキスが凹凸なくスムースに口の中に浸透していく。全体の調和の中に複雑な要素が絡まり、やがてベースとなる渋みが緊密に現れ、全体のトーンをゆっくりと鎮静させていく。中盤から後半に広がる落ち着き、ふくよかさの中に抱かれる心地は第9の第3楽章を思わせる安らぎに似た心地。

余韻はタンニンの渋みが昇華した後に広がる、ブドウのストレートな甘み、エキスの滋味が長く穏やかなフィニッシュに導く。

パストゥグランという命名からすれば、気軽に飲めるワインとしてのコンセプトをもとに造られたワインなのだろうが、口にした瞬間それを喉元に一気に落とす勇気を失わせるほどに複雑な要素に満ちている。生産数が少なく、目にするのも困難になったほどの人気だが、やはりそれには十分すぎる理由がある、と言わずにはいられない。Good JOB!

【Wineshop FUJIMARU 3,600円?】

2015年9月15日 (火)

ドメーヌ・ド・サン・ピエール アルボワ シャルドネ レ・ブリュレ2010 AOCアルボワ

150913domaine_de_saint_pierre_arboi最近フランスの中で最もホットな地域はジュラかもしれない。フランスのワイン地域では辺境のイメージがあるが歴史は古く、かつてはイタリアに向けてもワインを供給していたが、19世紀のフィロキセラ被害によりその生産は大きく衰えた。

しかし、その名も表すようにジュラ紀に遡るこの地の地質はワインにとっても好ましいようで、気候も春は涼しく夏は暑い、そのメリハリ故に最近はそのポテンシャルに着目するインポーターにとって競争の場ともなっている。

ファブリス・ドダンはこのドメーヌ・ド・サン・ピエールで働き、その後買い取って現在に至る。2002年からビオディナミに移行し、ピノ・ノワール、シャルドネ、そしてこの地の地ブドウであるプールサール、サヴァニャンでワインを醸している。

色はねっとりした質感を伴うオイリーなゴールドイエロー。香りはアプリコット、桃のシロップ漬け、アーモンドといった甘さを連想させるものに加えて、そのバックにはやや生姜、シナモンの香りも感じられる。

口に含むとたっぷりとした果実味に芯を通すすっきりした酸のインパクトをまず感じ、その後甘みのある熟したアプリコットの果実味が広がってくる。香りの印象よりもすっきりした味わいで、甘みと程よい苦みが品よく絡み合い、軽い塩味のミネラル感と共に複雑さを醸しだしつつ、中盤から後半はストレートな美味しさをしみじみと感じさせる。

余韻は最後まで息を切らさない酸味が中心を成し、その周りを囲むように熟した黄色の果実の甘みが寄り添いつつ、リッチな味わいを残して引いていく。

ブラインドで飲めば、おそらくブルゴーニュと答えてしまうだろうほどにリッチかつ繊細な味わいを時間と共に広げてくれる。敬虔さを思わせるエティケットとともに、豊かな心地にさせてくれる贅沢なシャルドネといえるだろう。Good JOB!

【wineshop recork(ラフィネ) 4,000円?】

2015年9月13日 (日)

フラテッリ・セリオ・エ・バッティスタ・ボルゴーニョ バローロ カンヌビ2008 DOCGバローロ

150913serio_battista_barolo

バローロ、一口に語られていた時代は終わり、今やバローロもクリュ、テロワールで表現されるようになった。その最高峰として著名なクリュはカンヌビだろう。

バローロの土壌は、約160億年前に遡るエルヴェツィアーノ期、約120億年前に遡るトルトニアーノ期、両時代に由来する土壌に大きく分類され、古いエルヴェツィアーノの方が力強いバローロを産み出すのだという。そしてDOCバローロのバローロ村で中心を成すカンヌービの畑では、この二つの土壌がぶつかり合い、複雑なニュアンスをもたらすとして、バローロ最高のクリュとして名声を誇っている。

フラテッリ・セリオ・エ・バッティスタ・ボルゴーニョはこのカンヌビに畑を所有する古くからのワイナリーで、創始者のフランチェスコはバローロ村の村長を務めた地元の名士でもある。そのワイン造りはクラシックな造りを守り、バリックを用いず50hlの大樽で発酵、オークの大樽で熟成させる。

色は暗めで、しっとりとした質感を持ったダークルビー。香りはフランボワーズ、バラ、スミレ、干し草、カカオ、塩昆布といった香りが交じり合う。

アタックはしっとりとした赤い果実味だが、直後から厳格なタンニンが上顎に張り付き、瑞々しい酸味とともに口の中を支配する。主張のあるタンニンはやや硬めではあるが緻密で、酸、果実との調和を徐々に整え、中盤の品格、安定感ある味わいへと姿を変える。後半の柔らかみ、剛直さが同時に表現される構成は、バローロの個性を十二分に感じさせる。

余韻は堅さもほぐれたタンニンの細かさがしっとりしたベースを形作り、それに誘われて滑るように広がる果実味がゆったりとした大河のようなニュアンスを残しつつ、フィニッシュする。

クラシックなバローロ、伝統的なバローロと聞いて即座に連想されるようなクラシックな味わいを表現しつつ、決してそれを墨守することない造り手の矜持が現れた作品。久しぶりに堂々とした教科書的バローロを飲んで、かえって新鮮な心地をもたらしてくれた、今はそんな気分だ。

【wineshop recork(中島薫商店) 6,800円】

2015年9月 6日 (日)

ニコラ・ルジェ ブルゴーニュ・アリゴテ レ・ジェネブレィ2011 ACブルゴーニュ・アリゴテ

150906bourgognealigoteまだまだ暑さを感じる季節だから、手元に白ワインは欠かせない。それもあまり重さのない、こだわりなく飲める、酸の引き締まったワインの方がフィットする。そうなるとフランスであればシャルドネよりも、ミュスカデ、アルザスの白、そしてブルゴーニュであればアリゴテあたりが選択肢。

アリゴテも以前に比べれば選択の幅が広がってきて、こうした有名人に関係するアリゴテも普通に手が入るようになったのは、価格の手ごろ感もあってまさにありがたい限りだ。

このアリゴテはニコラ・ルジェによる。名前で既にピンとくる方も多いだろうが、まさに名手エマニエル・ルジェの長男で、このアリゴテは2005年からリリース、その後経験を積むために階のアペラシオンから徐々に手掛けて、2011年からようやく村名AOC、ショレィ・レ・ボーヌが加わるところまで来たようだ。

このアリゴテはACブルゴーニュの区画をアリゴテ用にエマニュエル・ルジェが1985年に拓いた畑から栽培されたブドウを用い、ステンレスタンクで発酵、栽培・発酵共に極力人的介入を減らしている。この年の生産は1,400本。

色は輝きのある若い麦わら色の色調を帯びたゴールドイエロー。香りは強くないが、ライム、青竹、若いキウィのような青さ、酸味を連想させる香りが控えめに立つ。スパイス感も少々。

序盤はシャープな酸味が徐々に幅を広げ口の中を満たしていく印象。青い柑橘の皮のような苦みもアクセントになり、ボリューム感を感じさせる。中盤はややおおらかなグレープフルーツのような果実味が広がるが、バランスよくばらつかない酒質が好ましい。後半には充分な旨味も乗ってきて、緩やかな稜線を辿るかのような心地にさせられる。

余韻は程よい酸味と苦みの絡みが口の中を引き締め、クリアな後味を残して潔くフィニシュに至る。

以前持っていたアリゴテの酸の鋭さ、といった印象は、ここのところ嗜むアリゴテに関しては全く当てはまらなくなった。シャープな酸は残しつつ、ふくよかさとおおらかさを加えた味わいは、もはやシャルドネの下位、脇役に甘んじるのではなく、ブルゴーニュの白の個性の一翼と言えるのではないだろうか。

【R -the wine shop- (ヌーヴェル・セレクション) 3,000円?】

2015年9月 5日 (土)

ジャニソン・バラドン ヴァンドヴィル ロゼNV エペルネィ(ヴァレ・ド・ラ・マルヌ)

150905vendeville個人的な事だが、通勤場所がかなり遠くなったのと仕事の内容が変わったこともあり、ここしばらく週末の土曜日はだいたい家でのんびりと過ごすことが多い。月一度の海外出張も収まり、エコノミークラスで硬直した体もようやくほぐれてきて、体調は良くなったような気がする。

外出を手控える代わりに、週末は少し贅沢をして泡を。この日もしっかりした泡を、ということでロゼ・シャンパーニュでゆったりと構える。

ジャニソン・バラドンは現在の当主、シリル・ジャニソンで5代目、畑をエペルネィに所有し、現在はネゴシアン・マニピュランとして自社畑だけでなく、買いブドウからもシャンパーニュを生産している。ブルゴーニュのワインを愛するシリルは、古木、低収量、樽発酵、マロラクティック発酵を志向している。このロゼはピノ・ノワール、シャルドネ各50%による異なる年代のブドウによるシャンパーニュをブレンド、その88%にピノ・ムニエ12%を加えている。

色は明るく華やかで、ややオレンジのニュアンスを感じる艶やかなサーモンピンク。泡は繊細で細やか。香りはチャーミングな野イチゴ、ブリオッシュ、鉱物的なミネラル、湿り土もバックに感じられる。

口に含むと力強いがはじける瞬間のとても繊細な泡のクリーミーさを感じ、その直後からストレートな酸を保った赤いピュアな果実が迫ってくる。ボディはやや細身ながら、雑味のない率直な味わいが好ましい。ミドルに広がる節度を保ったふくよかさ、凹凸のないバランス感が口の中を幸福に満たし、後半に向かうなだらかな鳥瞰へと誘う。

余韻は程よい果実の甘さの感覚が満ちつつ、穏やかさを残しながら優しく控えめな味わいを徐々に収束させていく。

フルーティーでチャーミングな感覚は、万人に好まれる味わい。鷲掴みにするような印象はないものの、落ち着きとふくよかな空気は週末の憩いに相応しいシャンパーニュだった。

【ルクア大阪イセタン(ヌーヴェル・セレクション) 7,000円?】